HOME患者様の声左右両方で噛むことの大切さ

患者様の声

左右両方で噛むことの大切さ

2013/09/25

No.237        H25.7.6
年齢 42才
性別 女性

歯の掃除の為に訪れた歯科で「奥歯の銀歯を保険の効く白い物に変える事が出来るよ」と言われたのが始まりでした。その場ですぐに奥歯2本を白く変えてもらい、ウキウキしながら帰宅したのです。
ところが、その日から奥歯で噛むと痛みが走るようになりました。おかしいな?とは思いましたが、馴染んでくれば痛くなくなるかな?と思っていました。
そのうち、そちら側であまり噛まなくなりました。
一ヶ月経ち、なんだか頭痛が頻繁にするようになり、肩コリや腰も痛み始めてきました。
二ヶ月経つ頃にはいつも疲れているようになっていました。さすがに「これはおかしい」と思い別の歯科医院を探そうとネットで調べて永覚歯科クリニックさんへ通う事にしました。
そして、院長先生から保険で出来る白い歯は強度が弱い事、しかも本来ならそのプラスチックの下にもう一層入っていなくてはならない物が私の歯には入っておらずプラスチックのみだった事を聞きとてもショックでした。
神経を傷つけてしまっていたのです。
そして、型を取り新しく銀歯を入れてもらって両方の奥歯でしっかり噛めるようになると頭痛、腰痛、肩凝り、疲れも無くなっていました。気づいたら感じなくなっていたのです。
左右両方の歯で正しく噛む事がとても大切な事だととても良くわかりました。
もっと長い期間あのまま放置していたらと思うとゾッとします。
今では母も通って日に日に歯だけでなく体調も良くなっています。
これからもお世話になります。
治して頂き本当にありがとうございました。

カテゴリー

最近の投稿

カレンダー

2018年11月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

顎関節症の治療をしている歯科クリニック

お問い合わせ