HOME患者様の声両方で噛む事の大切さ。 豊田市 永覚歯科クリニック

患者様の声

両方で噛む事の大切さ。 豊田市 永覚歯科クリニック

2013/04/13

145        H13,1,20
性別 女
年齢 19歳

・症状(治療に行く)
偏頭痛、肩、首のこり・・・8ヶ月前
歯ぎしり・・・6ヶ月前
足のしびれ・・・3ヶ月前

・咬み合わせの治療を受けた感想
今まで物を咬むのは、咬みやすい左に集中し、寝る向きもほとんど左向きと、左右のバランスが全然とっていなくて、結果歯の高さにひどい差ができていて、体のあちこちに影響が出てたことにびっくりしました。(アゴが原因でこんなにハッキリ症状が出るものだなぁと思った。)まず初めは反対側だけで咬むというのが今までのクセで意識してやらないとどうしても物が反対側にいかなくて、大変でした。何年も片方だけの筋肉しか使ってこなかったから、すぐアゴが疲れてしまいましたが、何とかできるようになり、次の〝左右衡等に咬むことも最近はできるようになりました。高さを調整していただいて、より衡等に咬むのがしやすくなりました。少しずつ調整して、反動で頭痛などな症状があまり出ない様にやっていただいて、そう反動もなくこられてよかったです。

。軽くなった症状
足のしびれは消えました。歯ぎしりは以前は毎晩の様にだったのが今ではほとんどなくなり、偏頭痛も天気が悪い日でも気にならなくなりました。肩、首のこりは職業上消えてはいませんが、以前は自分で指で軽く押すだけでも激痛がはしる程でしたが、今ではこっていると言ってもそこまでにはならなくなりました。

カテゴリー

最近の投稿

カレンダー

2018年11月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

顎関節症の治療をしている歯科クリニック

お問い合わせ