HOME患者様の声咬み合せの治療によって腰痛90%肩痛85%がなくなった

患者様の声

咬み合せの治療によって腰痛90%肩痛85%がなくなった

2013/04/24

No.88      H11.7.27
性別:男性
年齢:65歳

私はこの度、貴院にお世話になって「歯の咬み合せがいかに身体にとって大切か、また身体に及ぼす影響がこんなに大きいものなのか」を知りました。また、貴院でに治療により大きな効果を得た喜びと体験を皆様にお知らせしたいと思います。
私は8年前に右肩を痛め(五十肩)、ある病院で約11カ月通院治療し、痛みは薄らいだものの、寒いときには夜中に痛みがはしり眠れぬ日々が続いていました。そして、今年の1月のこと。植木の剪定を終え、木くずの片づけのために低い枝の下で腰を曲げそして腰を伸ばしたとき、”ギクッ”という異様な音と同時に、腰に激痛がはしったのです。人の助けを借りて家に入るのがやっとのことでした。それから3日間、腰痛と足のしびれがあまりにひどく、病院にも行けず家で寝たきりでした。4日過ぎて、やっとの事で病院に行き「椎間板ヘルニア」と診断され、痛み止めと薬で2週間通院しましたが、ほとんど痛みがとれず歩くこともままならず、苦しい毎日でした。何とか少しでも痛みを取る方法はないかとお願いしたところ、「もう少し様子を見て手術するしかないね」とのこと・・・ショックでした。手術しても完全に直るとは限らないと聞いた事があるし、手術は最後、まだ何か手だてがあるのでは…と思っていたある日、友人の薦めで名古屋市内のH整体院にお世話になることのしました。整体治療を続けていたある時、H先生より「歯の噛み合わせが悪いと肩・腰などに悪い影響を与える事があるので一度咬み合わせの検査をしてみたら」と紹介して頂いたのが永覚歯科クリニックでした。しかし、歯の咬み合わせと、肩・腰の痛みとなぜ関係があるのだろうかと少し疑問に思いました。どうせ入れ歯でもあるし、右で咬めば左があがる、左で咬めばその反対、歯ぐきと入れ歯の隙間もあるし、そんな歯に咬み合わせなんてあまり関係ないのではと、内心思っていました。最初の診察の時に、色々と説明を受けました。不正咬み合せにより、筋肉痛・首や背骨の曲がり・肩こり・椎間板ヘルニヤ・ヒステリー・ノイローゼ・血液の流れ不良による高血圧など様々な症状が発生するとのこと、この話には驚きました。今まで、そんなことは思ってもみませんでした。私の治療は、まず歯と歯ぐきの隙間の修正。次に噛み合わせの調整。今まで普通だと思っていた歯当たりについては、よくないということに気づき、数回の治療・調整をして頂き、口の中が落ち着いたようなリラックスした、今まで感じなかった安心感を感じるようになり、夜もぐっすり眠れるようになりました。そして気にしたこともなかった咬み癖についても、片側で多く咬んでいたことに気づき、左右対称にと意識していますが結果はいまいち。お世話になって2カ月ちょっとですが、腰痛は完治に近い90%で、肩痛は85%と考えられない良い結果に感謝しています。長い間知らず知らずのうちに、不正咬み合せにより体調を崩していたことを反省し、これからも咬み合せには気をつけていきたいと思っています。「この度の体験で同じ症状で苦しむ方々に少しでも知ってほしい」そんな気持ちで・・・どうもありがとうございました。

カテゴリー

最近の投稿

カレンダー

2018年11月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

顎関節症の治療をしている歯科クリニック

お問い合わせ