HOME患者様の声30代咬み合わせ治療の感想スプリント治療で歩行が楽に

患者様の声

スプリント治療で歩行が楽に

2013/04/03

No.17          H9.5.7
年齢:36歳
性別:女性

昨年(平成8年)の6月から治療を始めました。私自信肩こり頭痛等の自覚症状は、ほとんどなく、始めたきっかけとしては、平成7年11月に右股関節臼蓋型成不全で手術をしましたが、バランス良く歩けなくなっていた所、先生の方から、「もともと咬み合せが悪いため、という部分もある」と、おしえていただき治療を始めました。
外科的な手術をすると、あまり良い結果は望めないかもしれないと言われましたが、咬み合わせの良い時、悪い時が、自分自身でも何となくわかるようになりました。治療をはじめて2ヶ月の頃、私の不注意でスプリントをなくしてしまい、次の日から、びっこをひくようになってしまいました。 その時は本当にびっくりしてしまいました。 それ以来、咬み合わせが少しへんかなと思うと必ずといっていいほどびっこです。

平成9年の年明けには、歯に銀をかぶせる予定でしたがスプリントをかけてある歯がぐらぐらになり、抜きました。それから約1ヶ月間、今まで肩こりなど知らなかったのですが首から肩にかけとてもイヤな感じがして、「これが肩こりか」とはじめて自分も肩こりを知りました。これも又、歯を入れ銀をかぶせると、不思議になくなってしまいました。 何だか魔法にかかったような気がしました。

今現在歩行も普通の方と同じようにしています。
これも咬み合わせ治療をしていただいたおかげだと思っています。 ありがとうございました。

ただ一つ不満があります。食事の時はさほど気になりませんが、おかしを食べると上の歯にくっつきます。
これはしょうがない事ですかね。

カテゴリー

最近の投稿

カレンダー

2018年8月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

顎関節症の治療をしている歯科クリニック

お問い合わせ