HOME患者様の声10代20代の咬み合わせ治療の感想足の痛みが取れ、先生に感謝しています

患者様の声

足の痛みが取れ、先生に感謝しています

2013/04/20

No.61           H10.8.5
性別:女性
年齢:25歳

昨年の秋ごろから体が疲れると腰が痛くなることが時々ありましたでも2~3日すれば治っていたのでそんなに気にもしませんでした。しかし11月中頃から腰の痛みが取れにくくなりはじめました。会社の腰痛の人の話などを聞いてるうちに怖くなり近所の接骨院に行くことにしました。病院での診断はヘルニアの初期状態と言われ、電気をかけ、その後にマッサージをしてもらいました。マッサージの後少しは楽になるのですが痛みがなくなることはありませんでした。12月に入ってからはけん引も治療に加えられました。腰痛は少しずつうすれたのですが今度は右足に痛みが走るようになりました。足の痛みは腰痛を忘れるほど日に日にひどくなりました。まず寝た体勢から起き上れなくなりました腹筋を使って起きようとすると腰と右足、足首と太ももに激痛が走るようになりました。会社でも席に座っているだけで、右足が痛くなにもできなくいなりはじめました。母に助言され病院を変えた時診断はヘルニアから座骨神経痛になりました。しかし病院での治療はほとんど変わらずマッサージが長くなっただけでした「私の足はもう治らないのではないか」思わずにはいられませんでした。立っていても座っていても右足には痛みが走りましたそんな時会社の人が紹介してくれたのが永覚歯科でした。私は本当にワラにすがる思いでした「もし治るなら」「なんでもいいからためしてみよう」はじめは半信半疑でした「どうして腰や足が痛いのに歯医者なの?」って思っていました。でも最初に歯を削ったとき、今までと違うことが起こったのです。口に中はもちろんですが自分の姿勢が違う感じがしたのです。病院や接骨院の先生に「姿勢が悪いのも原因ですよ」とよく言われたのですが12月~1月頃の私は自分の姿勢でどこがきちんとまっすぐになっているのかわからなかったのです。それなのに歯を少し削っただけで自分がきちんと座れているような気持ちになったのです。すごくしっくりとしてて楽な感じがしました
。それがあったから通えたのかもしれません。最初のうちは整形外科と歯科と両方に行っていましたが3回ほど歯を削ってもらった頃には整形外科に行かなくなっていました。先生にも整形には行かなくていいと言われましたし、足の痛みが減っていたのも事実でした。しかし、痛みは弱くなっても消えることはありませんでした。原因は親知らずが強く当たりすぎだったそうです。5月から6月にかけて親知らずを抜歯して本当に通って良かったと思えました。左、右2本ずつ抜いた後少し足が痛かったこともありましたがその痛みは冬の痛みとはまるで違う軽いものでした現在、腰痛や足の痛みはことんどありません。冬にあんなに痛い思いをしたのもウソのようです。最初はあまり信じられなかったこともあったけど通って本当によかったです。歩くこともままならなかったのに今では、きちんと歩けるし、前みたいに走ったりできるようになったんです。先生、本当にありがとうございました


カテゴリー

最近の投稿

カレンダー

2018年8月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

顎関節症の治療をしている歯科クリニック

お問い合わせ